マーケティングオートメーションの基礎をどう学ぶ?

提供業者の事例から内容を把握する

各社において、営業活動の効率化を進めたいと考えています。能力のある営業担当者が一人いても、その人が行える活動には限界があります。より効率的に顧客へのアプローチができる仕組みを持っておく必要があります。そこで利用したいのがマーケティングオートメーションです。顧客を新たに作り出したり、見込み顧客を実際の顧客にしていくまでの活動を自動化してくれます。提供業者からサービスを受けるケースが多いですが、実際に導入してどんな効果が得られるかなどが不安になるかもしれません。その時には、業者が提供する事例などを見せてもらうと良いかもしれません。同業他社などが導入している事例があれば、使い方や使った後の効果が分かるでしょう。

専門家や提供会社のセミナーに参加

ビジネスにおいては、コンピュータ、インターネットがどんどん使われています。企業内に蓄積している多くのデータを利用する動きなどもあり、いかにコンピュータとネットを使いこなせるかが経営の課題になるかもしれません。マーケティングオートメーションも、コンピュータやインターネットを利用して情報収集をしたり、見込み顧客へのアプローチをしたりします。しかし、ただ導入すれば成功するわけではありません。まずは、専門家や提供会社が実施するセミナーに参加するようにしてみましょう。基礎的な内容から、現状、将来的な動きなどもわかるかもしれません。提供会社であれば簡単な事例などが分かりますし、質疑応答などに対応してもらえます。