マーケティングオートメーションの活用法とは?

見込み客を効率的に創出できる

商品を販売する会社には営業担当者がいます。自社商品を売り込む担当者で、それぞれの顧客に訪問をしたり、新たに顧客を創出したりします。新規に顧客を創出するとき、電話をかけたり飛び込みをしたりイベントを開催したりといろいろな方法を取りますが、そのうち顧客の創出ができるのはごく一部になります。行う行動に対してなかなか効果的に顧客の創出ができません。マーケティングオートメーションを活用する場面としては、顧客の創出を効率的に行うところでしょう。自動的な情報収集や分析で顧客創出、顧客の絞り込みができれば、実際に人が行動する部分を減らせます。無作為に選んだところに電話をするより、より可能性の高いところにかけた方が今後の話につながりやすくなります。

見込み客から実顧客にするまでのアプローチ

自社の商品に興味を持たない、必要としない会社にいくら売り込んでも話は進みません。でも、自社商品に近い他社の商品を使っているところなら、比較商品として興味を持ってもらえるかもしれません。今は興味がなくても、使い道などからその会社にとって必要と思ってもらえらえれば売れる可能性があります。通常の営業では、まずは地道に顧客を掘り起こします。さらにその顧客にアプローチをかけ、実際に購入して顧客になってもらうような行動をとります。マーケティングオートメーションにおいては、創出された見込み顧客を実顧客にするべくアプローチをかける機能があります。顧客のレベルに合わせたメール配信や、顧客に合わせたイベントの紹介、キャンペーンの案内などを行います。