マーケティングオートメーションを使ってよかったこと

より効率的で高い効果を

マーケティングオートメーションとはメール配信、web解析、顧客管理(リード)、フォーム、スコアリングなどの今までバラバラだったデジタルマーケティングの機能が、一つのクラウドサービスとなり企業のマーケティング活動をより効率的に、より高い効果を得ることを目的としたソフトウェアです。これらの機能が一つのクラウドで実装されるため、特定の顧客に最適なタイミングで自動的にメールを送信するなど、マーケティング業務の効率アップを期待できます。マーケティングオートメーションを導入することで、業務の効率化が実現できるだけでなく、営業案件数の増加や売上アップ、新規営業活動での成約率につながる効果も得られる可能性があります。

成果を得るための運用とは

ワークフローを自動化することでミスを軽減できたり、メルマガ反応率を大幅にアップさせる成果も得られる可能性もあります。マーケティングオートメーションはとても便利なツールですが、上手に活用しなければデータや分析結果を生かすことができません。自社のマーケティングレベルを正確に把握した上でシステムを導入することが重要です。また、マーケティングオートメーションを導入すればすぐ売上アップにつながるわけではなく、成果を発揮するまでには時間を要します。効果的なマーケティングオートメーションの導入方法としては、ターゲットや自社の顧客を十分理解する必要があります。長期的に活用して成果を得られるシステム運用を行いましょう。